紅茶(ホットティー)の美味しい淹れ方について
 
 
HOME
World Tea
Manufacturing Tea
Making Tea
Effect of Tea
Pro Tea
     
紅茶の淹れ方
 
淹れ方の条件
 
ゴールデンルール
 
 
ミルクティー
 
アイスティー
 
紅茶の保存方法

紅茶の淹れ方
  ホットティー

汲み立ての新鮮な水で、お湯を沸かします。
お湯が沸き始めたら,そのお湯を使ってティーポット(またはガラス・サーバー等)やカップをあらかじめ湯煎して温めておきます。
   
湯煎しておいたポット(ガラス・サーバー) のお湯を捨て、1人分ティースプーン1杯 (約3g) の割合で人数分の茶葉をポットの中にいれます。
茶葉を入れたポットに、沸騰したての熱湯をカップ1杯分150tの割合で人数分を手早く注ぎ、蓋をして茶葉が完全に開くまで待ちます。 寒い時期にはティー・コージ (保温帽) や厚手の布などをポットに被せて保温してください。
 
抽出時間の目安として大型の茶葉 (ダージリン、アッサム、キームン) で4分〜5分、小型の茶葉 (ウバ、ディンブラ、キャンディー、ニルギリ、ケニヤ等) で2分〜3分です。
時間が経ったら、スプーンでポットの中を軽くかき混ぜ、紅茶の濃さを均一にしてから茶漉しを使って温めておいたカップに注ぎ分けてください。
お好みに合わせて砂糖やミルクを入れてお召し上がりください。
 
 
 
砂糖やミルクを入れないストレートティーでお召し上がりの場合、紅茶の味が濃過ぎる時は
お好みの濃さになるように差し湯をしてお召し上がりください。
 
このページのトップへ戻る
Copyright (C) JST Trading Co., Ltd.