ミルクティーの美味しい淹れ方について
 
 
HOME
World Tea
Manufacturing Tea
Making Tea
Effect of Tea
Pro Tea
     
紅茶の淹れ方
 
淹れ方の条件
 
ゴールデンルール
 
ホットティー
 
 
アイスティー
 
紅茶の保存方法

紅茶の淹れ方
  ミルクティー1 ≪ロイヤル・ミルクティー≫

1. 汲み立ての新鮮な水で、お湯を沸かします。

2. ティーポットやティーカップは、あらかじめ温めておきます。

3. 温めたポットの中に、1人分ティースプーン山盛り1杯 (約3g) の割合で人数分の茶葉を入れ、
さらにもう1杯入れます。

4.

茶葉を入れたポットに沸騰したての熱湯1人分約150ccの割合で人数分を手早く注ぎ、蓋をして茶葉が開くまで待ちます。

5. 時間が経ったら、ポットの中をスプーンで軽くかき混ぜて濃さを均一にしてから、茶漉しを使って
カップに注ぎます。 とても濃厚な紅茶ですので軽く温めたミルク (牛乳) をたっぷり入れて、
ロイヤル・ミルクティーとしてお召し上がりください。
   
 
 
この方法で作った濃厚な紅茶を、別な容器(耐熱性のガラス・サーバー等)に移し替え、好みに応じてミルクと砂糖を加えて少し冷まします。 氷を入れたグラスに注ぎ入れると、とてもコクのあるロイヤル・アイス・ミルクティーの出来上がりです。
 
   
  ミルクティー2 ≪セイロン風ミルクティー/チャイ≫
 
手鍋に牛乳 (ミルク) 半分、水またはお湯半分の割合で1人分180ccとして人数分を入れます。
その中にミルクティーに合う茶葉 (アッサムなど) を1人分ティースプーン山盛り1杯の割合で人数分を入れ、さらにもう1杯多く入れて火にかけます。
   
茶葉が開きやすいようにスプーンなどで軽く
かき混ぜながら温めます。
ふき上がる直前に火から下し、蓋をして2〜3分待ちます。
   
時間が経ったら、スプーンなどで軽くかき混ぜ、茶漉しで茶葉を漉しながらティーカップに注ぎ分けます。 コクのあるホット・ミルクティーが
お楽しみいただけます。
 
   
 

この方法で水やお湯を使わず牛乳だけで作ると、さらに濃厚なミルクティーをご賞味いただけますが、冷たい牛乳を先に入れ、あとから茶葉を入れると、茶葉が表面に浮いて開きにくくなる場合があります。
まず、少量の熱湯で茶葉を先に蒸らしてから牛乳を入れると茶葉が開きやすくなり、紅茶の味を充分に引き出すことができます。

2の茶葉を入れる時に、生姜を薄くスライスしたもの2〜3枚を入れるとジンジャー・ミルクティー、シナモンパウダーまたはシナモンスティックを少々入れるとシナモン・ミルクティー、ミントリーフを入れるミント・ミルクティー、そのほかに使用する茶葉にフレーバー・ティーを使うとフレーバー・ミルクティーとして、香り豊かなバリエーション・ティーがお楽しみいただけます。

 
このページのトップへ戻る
Copyright (C) JST Trading Co., Ltd.