セイロン紅茶について
 
 
HOME
World Tea
Manufacturing Tea
Making Tea
Effect of Tea
Pro Tea
       
世界の茶
 
世界の茶産地
 
主要茶産地
 
インド茶
 
ダージリン
 
アッサム
 
ニルギリ
 
シッキム
 
その他
 
 
中国茶
 
インドネシア茶
 
東アフリカ茶
 
ネパール茶

主要茶産地
  セイロン(スリランカ)茶(CEYLON TEA)



< セイロンティー・マップ >
セイロン紅茶の始まりは、1839年カルカッタ植物園のアッサム野生種が、キャンディーのベラデニア植物園に移されたのが最初である。 さらに1840〜42年には、この苗をヌワラ・エリヤに試作した。 これとは別にオームスが中国から中国種を持ち帰って、プッセラワに植えて成功した。
1865年には、セイロン茶業の父といわれるジェームス・テイラーがペラデニアからアッサム種の種子を集め、1866年にルーレコンデラに蒔いて茶園を作った。 こうして相前後して同一地域に植えられた中国種とアッサム種は自然交配を起こし、新しい雑種と なって、その土地に適した性能を発揮し増殖された。
もともとセイロンはコーヒーが多く栽培されていたが、1869年に発生したコーヒーの「銹病菌」が、1877年〜1878年にコーヒー園を全滅させるほどの猛威を振るった。 全滅状態のコーヒー園の跡地にスパイスやキニーネなどの作物が試作されたが、お茶が最適であるとして、1875年には1080エーカーのコーヒー園が茶園に切り替えられ、1
95年には50万エーカーあったコーヒー園のうち被害を受けた30万エーカー茶園に替わりコーヒーに替わる産業として大紅茶産地に変貌していった。 セイロン (スリランカ) はキャンディーの町から南は、山岳地帯で年2回のモンスーンがあり、雨量も豊富で日照や気温にも恵まれて茶の栽培に最適である。 セイロン紅茶は茶園の高さによって、1,200メートル以上がハイ・グロウン・ティー (高地産茶) 、600〜1,200メートルがミディアム・グロウン・ティー (中地産茶) 、600メートル以下がロー・グロウン・ティー (低地産茶) として分類されているが、一般的にはウバ、ヌワラ・エリヤ、ディンブラ、キャンディー、ルフナと産地名で呼ばれている。
茶の生産はモンスーン期を除いて1年中行われるが、ヌワラ・エリヤ高地を境にして東側と西側でそれぞれクォリティー・シーズンがあり、1〜3月がウエスターン・ディンブラ・シーズン、7〜9月にかけてイースターン・ウバ・シーズンとしてそれぞれの地域で最高品質の茶が生産される。

ウバ ( UVA )
ウバ (UVA) 地区は、スリランカ中央高地の東側斜面海抜900〜1,500メートルの地域に茶園があり、ウバ茶特有のメントールの香りと「パンジェンシー」と呼ばれる溌溂とした味で、多くのブレンドに広く使われている。 7〜9月までのクォリティー・シーズンと呼ばれる乾季に生産される高品質茶は、単品で味わえる茶として重宝されている。
< 茶園 >
< ティー・プラッキング >
< ティー・リーフ >
< ファクトリー >
       
ウバ茶産地 (UVA Sub-Districts)
地域名(Sub-Districts)
特性(Character)
Malwatte (マルワッテ)
Welimada (ウェリマダ)
この地域にはウバの有名茶園があり、クォリティー・シーズンに生産される茶は溌溂とした風味があり、全世界に有名で多くの紅茶専門ブランドのオリジナル・ブレンドに使われている。 また個々の茶園が独自のユニークな特徴を持った茶を生産し、高品質のものは茶園名で販売されている。
Demodera (デモデラ)
Hali-Ela (ハリエラ)
Badulla (バドッラ)
Demodera (デモデラ) 、 Hali-Ela (ハリエラ) 、Badulla (バドッラ) では香りの良い茶が生産される。
Passara (パッサラ)
Lunugala (ルナガラ)
これらの地区では、外観が黒い茶葉で味の強い茶が生産されていることで知られている。
Madulsima (マダルシマ) Madulsima (マダルシマ) はPassara (パッサラ) の約25マイル北まで及んでいて、一般的な風味の茶が生産される。
Ella (エラ)
Namunukula (ナムナクラ)
ウバで一番高い山、Namunukula (ナムナクラ) の斜面に茶園がある。
この地区の茶は中間の味の強さであるが、クォリティー・シーズンには穏やかな芳香の茶が生産される。
Bandarawela (バンダラウェラ)
Poonagala (プーンナガラ)

この地域の茶は高い標高と涼しい気候のもとで栽培されていて、年間を通じて吹き抜ける風の影響で、他の地域の茶よりも軽い味の茶が生産される。

Haptale (ハプタレ) この地域で生産される茶は、デリケートな香りとまろやかな味が特徴である。
Koslanda (コスランダ)
Haldummulla (ハルダムッラ)
中央連峰の低い斜面に茶園があり、生産される茶は強い味が特徴である。

ヌワラ・エリヤ ( NUWARA ELIYA )
ヌワラ・エリヤ (Nuwara Eliya) はセイロン中央高地に位置し、穏やかな気候、美しい景色、樹木の生い茂った森林、花模様の牧草地の高原と様々な景観を有する地で、標高2,000メートル以上のだ円形の山やその山々の谷間に茶園がある。 ヌワラ・エリヤの茶園ではユニークな風味の茶が生産される。
メントールの香りのする野生のミントやユーカリ、成長する糸杉の木の芳香が要因でヌワラ・エリヤ茶の芳香が生成されるといわれている。
ヌワラ・エリヤは高品質の茶がとれる二つの期間がある。 7〜9月にかけてのイースターン・ウバ・シーズンと1〜3月にかけてのウエスターン・ディンブラ・シーズンの乾季に生産される。 カップすい色はレモン・イエローからオレンジ色で、軽快な味と爽やかでデリケートな芳香はセイロン茶の中で「紅茶のシャンペーン」と呼ばれている。
< 茶園 >
< ティー・プラッキング >
< ティー・リーフ >
< ファクトリー >

ディンブラ ( DIMBULLA )

ディンブラ (DIMBULA) は1870年代にセイロンでコーヒー茶園に替わって茶が植えられた最初の地域で、セイロン茶の中では最も有名な名前である。
ディンブラは中央高地西側斜面の海抜1,000〜1,800メートルに茶園があり、この広大な茶産地を構成する広い範囲に渡る山々と谷は Nuwara Eliya (ヌワラ・エリヤ) の西側のHatton (ハットン) 、Dick Oya (ディコヤ) 、Talawakelle (タラワケッレ) の全地域、Nanu Oya (ナヌーオヤ) の高地にまで至る。
南西モンスーンのもたらす雨は、茶の品質に重要な影響を与えている。 クォリティー・シーズンの1〜3月までの冷たく乾燥した気候は、ディンブラ茶にコクのある味と鮮明でデリケートな香りをもたらす。

< 茶園 >
<ティー・プラッキング >
< ティー・リーフ >
< ファクトリー >
       
ディンブラ茶産地 (Dimbula Sub-Districts)
地域名(Sub-Districts)
特性(Character)
Hatton (ハットン)
Dickoya (ディコヤ)
丘陵地帯の根元に位置し、工場のある高地から低地に至る茶園からはディンブラ茶の特徴である、まろやかな風味の茶が生産されている。
Bogawantalawa (ボガワンタラワ) 年間を通じて濃厚な風味の茶を作り出すその青々として豊かで、活き活きとした力強い茶畑はゴールデン・バレーと呼ばれ、茶園の美しさでも有名である。
Upcot (アプコット)
Maskeliya (マスケリヤ)
国の有名な宗教的場所であるアダムスピーク(Sripada:スリパダ)のふもとの茶栽培地区の茶は重い味ではなく、繊細な風味である。 また周辺のウプコットではバラの香りの茶が生産されている。
Patana (パタナ)
Kotagala (コタガラ)
殆どの茶園は海抜1,500メートル以上にあり、ユニークな茶樹と爽やかな気候からオールラウンドな強さとコクのある特徴を持った茶が生産される。
Nanuoya (ナヌーオヤ)
Lindula (リンドラ)
Talawakelle (タラワケッレ)
Nanuoya (ナヌーオヤ) 、Lindula (リンダラ) 地区は濃厚なコクと特徴を持った茶が生産される。ヌワラ・エリヤにより近いTarawakelle (タラワケッレ) 地区の茶園では、カップすい色の明るい、より香りの高い茶が生産される。
Agarapatana (アガラパタナ) この谷は、より東部に位置し、セイロン茶の特級茶生産に適すると解析された気候と土壌のすべての特性を完全に持ち合わせた茶栽培に最適な地である。
Punduloya (プンダルオヤ) この地域では絶妙な味で柔らかなバラの花の香りの茶が生産され、また低地の茶は温暖な条件と調和して、より強い味の茶が生産される。
Ramboda (ランボーダ) 壮大な山の景観と息を飲むような滝のある地域で、リフレッシュするような茶が生産される。


ウダ・プッセラワ ( UDA PUSSELLAWA )
ウダ・プッセラワ (Uda Pussallawa) 地区はウバ (Uva) とヌワラ・エリヤ (Nuwara Eliya) の北端にあり、ウバ地方と同じ北東モンスーンの影響を受ける。
ウバと異なり、ウダ・プッセラワは高品質の茶がとれる二つの期間がある。 7〜9月にかけての伝統的なイースターン・ウバ・シーズンと1〜3月にかけてのウエスターン・ディンブラ・シーズンで高品質の茶が生産される。 ウバに近い地域では7〜9月のウバ・シーズンには、ウバと同じようなメントール系の香りの茶が生産され、またヌワラ・エリヤに近いアッパー・ウダ・プッセラワの茶園では冷たく乾燥した1〜3月の時期にはバラの花の香りを持った茶が生産される。
< 茶園 >
<ティー・プラッキング >
< ティー・リーフ >
< ファクトリー >
       
ウダ・プッセラワ茶産地(UDA PUSSELLAWA Sub-Districts)
地域名(Sub-Districts)
特性(Character)
Maturata (マツラタ) この地域はウダ・プッセラワの入り口でヌワラ・エリヤの東の端に位置している。 茶はヌワラ・エリヤと同様に繊細な風味であるが、よりコクのあるデリケートな特徴がある。
Raga (ラーガ)
Halgranoya (ハルグラノヤ)

ウダ・プッセラワ地域の奥に入ると、これらの地区からの茶は中間のコクと柔らかなバラの花のような香りが特徴で年間を通じて生産される。


キャンディー ( KANDY )
セイロンの古都 (スリランカ) キャンディー周辺の茶園は中地産茶が生産されることで知られていて、これらの茶は濃厚なすい色で、コクのある味の強いお茶である。 茶園は海抜600〜1,200メートルにあり、セイロンにお茶が最初に植えられた地域として有名である。
< 茶園 >
<ティー・プラッキング >
< ティー・リーフ >
< ファクトリー >
       
キャンディー茶産地(KANDY Sub-Districts)
地域名(Sub-Districts)
特性(Character)
Pussallawa (プッセラワ)
Hewaheta (ヘワヘタ)
Nilambe (ニランベ) から Kotmale (コトマーレ) とGampola (ガンポーラ) に及ぶ丘陵地帯に茶園が広がっている。 渓谷であるため強いモンスーンの雨から守られ、黒みがかったカップ水色で、より強い味のお茶が生産されている。 南西モンスーンの影響受けるHewaheta (ヘワヘタ) 地区の茶園では、7〜9月にかけての乾季に高品質の香り高い茶が生産される。
Matale (マターレ)

マターレ地区では年間を通じて濃厚な色で味の強い茶が生産される。 Madulkelle (マダルケッレ) やKnuckles (ナックレス) 、Rangala (ランガラ) が産地である。


ルフナ ( RUHUNA )
セイロン南部、海抜600メートルまでの熱帯雨林地帯で栽培される低地産茶をルフナと呼び、黒味がかったカップすい色で甘い香りと強い濃厚な味が特徴である。 
Whole Leaf (大型の茶葉) は、鮮やかな金色や銀色の芽が多く含まれていて、外観や味に特別ものがあり、濃厚な味と甘い風味の茶を好む人に最適である。
< 茶園 >
< ティー・プラッキング >
< ティー・リーフ >
< ファクトリー >
       
ルフナ茶産地 (RUHUNA Sub-Districts)
地域名(Sub-Districts)
特性(Character)
Ratnapura (ラトナプラ)
Balangoda (バランゴーダ)
Sinharaja (シンハラジャ) 指定森林やRatnapura (ラトナプラ) の南は、茶栽培に最適な気候の地である。 樹木に大きな被害を与える南西モンスーンの影響もこの森林地帯によって防護されている。 この地域で生産された茶はヨーロッパの多くの国々で愛飲されている。
Deniyaya (デニヤヤ) Ratnapuraの南にあるDeniyayaはRatnapuraやBalangoda と同じ標高である。 ここで生産された茶は、やや軽い味でカップすい色も明るい色である。
Matara (マターラ) Deniyaya (デニヤヤ) の南、Matara (マターラ) は茶の生産地としてよく知られている地域である。 ここの茶園は海面と同じくらいの高度であり、近くの丘陵の冷たい泉とNilwala (ニルワラ) 川の肥沃な土壌が茶栽培に好影響をもたらしている。
Galle (ガレ) ガレはヨーロッパや中近東の紅茶通が要望する茶を生産している。
このページのトップへ戻る
Copyright (C) JST Trading Co., Ltd.