シッキム紅茶について
 
 
HOME
World Tea
Manufacturing Tea
Making Tea
Effect of Tea
Pro Tea
       
世界の茶
 
世界の茶産地
 
主要茶産地
 
インド茶
 
ダージリン
 
アッサム
 
ニルギリ
 
 
その他
 
セイロン茶
 
中国茶
 
インドネシア茶
 
東アフリカ茶
 
ネパール茶

インド茶(INDIA TEA)
  シッキム紅茶 ( SIKKIM TEA )




< シッキムティー・マップ >
シッキムはチベットとダージリンの間に位置し、旧王国であったが現在はインド 領となっている。 シッキムの茶産地は南地区 (SOUTH DISTRICT) のテミ地方にあり、茶園はテミ茶園 (TEMI TEA GARDEN) のみで、中国種とクローナル種の茶樹が植えられていている。 茶の栽培面積は172ヘクタール、年間生産量は約100トンでダージリン紅茶として認可され、カルカッタのオークションを通して取引されるが、その殆どはオークションを通さないプライベート・セール(茶園またはエージェントによる直接販売)で売買されている。
シッキム茶はダージリン茶と同じく年3回のクォリティー・シーズンがあ り、3〜4月にかけてのファースト・フラッシュは、爽やかな花の香りで、まろやかな風味があり、5〜6月にかけてのセカンド・フラッシュは高い花の香りで強さとコクのある味となる。 10〜11月のオータムナル・フラッシュの時期には、香りの良い茶が生産される。

< テミ茶園 >
< テミ・ファクトリー >
このページのトップへ戻る
Copyright (C) JST Trading Co., Ltd.